タブチ動物病院 埼玉県/川越市
HOME
診療案内
施設案内
ペットの病気
歳時記
スタッフ紹介
ペット紹介
アクセス
求人案内

施設案内

院内のご紹介

タブチ動物病院の施設を紹介します。
小さな写真をクリックすると大きな写真が表れます。




当院医療設備のご案内

【CR(computed radiograpy コンピュータX線撮影)】

コンピュータ処理によるX線画像診断システム。
現像液・フィルム不要、パソコンの中に画像が保存されます。

パソコンに保存されるデジタルの画像 画像読み取り機

【デジタルカラー超音波(エコー)】

動物に負担をかけることなく体内臓器を見ることができます。
心臓の構造や血流や腹腔内肝臓・脾臓・腎臓・膀胱・子宮前立腺・胃の形状や大きさをリアルタイムに検査できます。

【術中 麻酔管理モニター】

手術中・麻酔中の生体反応を数値や波形で管理します。
モニターにて
心電図・呼吸数・血圧・心拍数・脈拍数・体温・吸入麻酔濃度呼気炭酸ガス濃度を確認しながら安全に麻酔管理します。

【人工呼吸器(ベンチレーター)】

吸入麻酔手術が安全に行えるように麻酔時の呼吸管理を行います。
麻酔中の緊急的な呼吸停止に備えて強制的に酸素・麻酔を送り込みガス交換させ麻酔の安定を図ります。

【生化学自動分析装置】

ドライフィルムスライドを利用して血液中の化学成分(血糖値・腎臓機能肝臓機能等)を迅速・簡便・正確に測定できます。
手術の前の術前血液検査にも力を発揮します。

【内分泌検査器】

今までは外注検査で結果が出るまで日にちがかかりましたがこの機器により甲状腺・副腎皮質のホルモンが院内で、およそ10分で検査可能になりした。
院内で簡便・迅速に検査ができ早期発見・治療が可能になりました。

【全自動血球計数器】

血液中の赤血球、白血球、血小板の数、ヘモグロビンの濃度などを測定する検査機器です。
貧血や炎症の有無、血液凝固異常がないかを調べます。

【動物用血圧計】

動物の前肢もしくは尻尾にカフを巻いて測定します。
高血圧は人間と同じように、心不全や腎不全などの指標のひとつとなります。
ネコの腎不全に続発する高血圧は網膜剥離を引き起こすことがあります。
さまざまな病気や合併症の発見に欠かせません。

【眼圧計】

『フィンランド iCare(アイケア)社 トノベット』

麻酔をかけずプローブを目に瞬間的にごく軽く当てて計測。
目の圧力が異常に高くなる「緑内障」の検査には欠かせない診療器具です。