タブチ動物病院 埼玉県/川越市
HOME
診療案内
施設案内
ペットの病気
歳時記
スタッフ紹介
ペット紹介
アクセス
求人案内

ペットの病気

生理でもないのに陰部から血膿が・・・・

生理が終わったばかりなのに再び陰部から出血をして家の子元気ないのですが・・・・・
中年期のワンちゃんには多い症状です。
生理以外の出血は子宮の病気が考えられます。


今回こんな症状で来院したワンちゃんがいます。
数日前から食欲・元気がなく陰部からなんとなく臭い出血がしている。
お腹に超音波をあててみると子宮が膨大して子宮内に膿のような液体が貯留している。
血液検査をして全身状態を把握して麻酔の危険性も加味してお腹を開けました。
すると予想通り膿の溜まった子宮が腹腔内に広がっていました。

腫大した子宮のエコー画像 手術により取りだした
腫大した子宮・卵巣

子宮はパンパンになり今にも破裂しそうな状態でした。今回卵巣と子宮をすべて取り去り無事手術は終わりました。細菌の毒素が体に回っている可能性があったので数日間の抗生物質の投与と点滴により元気回復し無事自宅に帰りました。

≪子宮蓄膿症≫

避妊手術をしていない。出産歴がない。
生理が終わって2〜3カ月である。(黄体ホルモンの影響)
以上の条件があると発症しやすい。

【症状】

食欲や元気がない。お水を飲む量が多い。
陰部から膿が出ている(開放型)の場合と陰部から膿が出ない場合(閉塞型)がある。

【治療法】

治療せず放っておくと子宮内のばい菌が全身に回り死んでしまう可能性が高い病気なので診断がつき次第なるべく早く外科的に腫大した子宮と卵巣を切除することが大切です。
内科的な療法(注射・飲み薬)もありますがすでに子宮が腫大している場合には効果が薄くたとえ今回回復しても次回生理の時に再発する可能性が十分にあります。

【予防】

若いうちに避妊手術を受けておく。
若いうちに出産をさせておく。